太陽光発電に必要なのは快晴日数か日照時間か

太陽光発電は、太陽光エネルギーを利用して発電します。したがって、快晴日数が多く、日が良く当たる時間が長いと発電を安定して行うことが出来ます。そして、晴れた日が多いことよりも、日が当たる時間が長い方が、安定して発電が可能です。一日の内で朝から晩まで、日光が当たり続ければ太陽光パネルは、発電し続けることが出来ます。

発電し続ける時間が長ければ長いほど、電気エネルギーは蓄積されることになります。快晴というのは、日光が効率良く太陽光パネルにあたり、発電効率が良くなります。しかし、曇りであっても、太陽光パネルは、発電しますので、一概に、快晴の日が多い地域の方がよく発電できるとは、必ずしも言えないと思われます。なお、曇りよりも快晴の日には、効率よく光エネルギーを電気エネルギーに変換することが可能です。

したがって、日が当たる時間が長く、よく晴れる地域での発電が望ましいと言えます。そして、太陽光パネルを取り付ける際には、一般的には、南向きに設置することで、太陽光エネルギーを強く受けることが可能です。そして、日が当たる時間も長くすることが出来ます。そして、太陽光パネルに埃などが付かない場所のほうが効率よく電気エネルギーを得ることが可能です。

 

コメントは受け付けていません。