太平洋側での太陽光発電について

太陽光発電が地球にやさしいことはみなさんご存じだと思います。太陽光発電のよい所はそれだけではありません。太陽光発電はお財布にも優しい発電方法です。家にソーラーパネルを取り付ければ、電気代をかなり節約できます。発電量よりも使用量が少なければ、その時の電気代は無料だからです。電気を溜めておくことは出来ませんが、余った電力は電力会社に売ることができ、無駄がありません。つまり、電力を売った分で夜の電気代をまかなうこともできるのです。太陽光発電は、日当たりのよい場所ほど発電量が増え、お得になります。家の南側にソーラーパネルを取り付けるとより効率的です。また、場所によっても変わってきます。天候に左右されるからです。基本的には雪の多い日本海側より太平洋側のほうがより多くの電力を生み出すことが出来ます。年間快晴日数が最も多いのは埼玉県で、次が宮崎県、さらに静岡県、高知県、山梨県などが続きます。つまり、埼玉県は最も太陽光発電に向いていると言えます。また、埼玉県はベッドタウンであるため昼間の人口が少ないため、昼間の電気使用量が少ないことも利点です。使用量が少なければ、それだけ多くの電力を売ることができ、より家計に貢献します。

コメントは受け付けていません。