沖縄でも太陽光発電できるか

最近エコロジーのためにも節約のためにも、非常時の時の備えとしても注目されているのが太陽光発電です。
沖縄で太陽光発電を設置するのは地域的にも向いているのでしょうか。
沖縄は日本全国と比較をしてみると南に位置しているために一日当たりの日の当たる時間が他の地域に比べて長くなります。
そのために非常にマッチしているといえるのです。
もちろん台風などもありますので台風によってパネルが飛ばないように気を付けなければいけないのですが、それ以外でしたらかなり日当たりの面ではメリットがあるのです。
発電をするのに必要なものは太陽光なのですが、日の当たる時間が長ければ長いほどに当然発電量も多くなるのです。
また沖縄の場合には冬でも雪が降ることがあまりありませんのでパネルの上に雪がつもることもありませんので発電の妨げになることもありません。
ですので沖縄で暮らす場合には設置するのも方法です。冬場でも十分に発電ができるためにかなり電気代の節約にもなります。
そしてさらに余った電力は電力会社に買い取ってもらえるのでちょっとした収入にもなるのです。
全行的な差はそれほど大きくはありませんが、特に沖縄は発電のしやすい場所になっています。

コメントは受け付けていません。