日本全国で住宅用太陽光発電が一番普及しているのはどこ?

住宅用太陽光発電が1番は普及しているのは、佐賀県です。国からの補助金の申請を行った件数が、佐賀県内の全ての住宅に対する比率が、4%となっていまして日本の全国平均の2.5倍の高さを誇っています。佐賀県では太陽王国にしようと、メガソーラー計画を建てようとする計画が進んでいまして、原子力や風力の大きな規模の発電所があることを受けて、日本の将来が見えます。九州の各県には太陽発電に合った場所が数多くありまして、経済産業省の調査によりますと住宅での太陽光システムの普及率では、上位4位が九州勢が独占しています。1位が佐賀県になっておりまして、2位が熊本県、3位が宮崎県、4位が大分県の順番になっております。

太陽光発電は自然災害にどのようなに耐えれるのが説明します。まず、台風ですが風の力によって、太陽光パネルが飛んでしまわないか、不安になりますが、日本国内に限って言うならば風速60mの暴風雨に耐えられるように、計算されて設計を行っています。強力な台風であったとしても、風速で50mを超えていくものはまずありえません。台風の被害で、太陽光パネルが破損する心配はありません。海に近い所では塩害の被害が心配されていますが、基本的にはどのメーカーでも対策を取られていますので、設置は可能となっています。

コメントは受け付けていません。