年間発電量が多い県は?

日本全国の都道府県では、当然にその年間日照量には大きな違いがあるわけです。

南国にある地域では、当然に年間日照量が大きくなっていますし、逆に北国の豪雪地帯では、年間日照量は少なくなっているからです。

太陽光発電を行う場合には、この年間日照量の多寡がその発電量を大きく左右する要因となってくるので、年間を通じて日照量の多い九州や四国といった南国の地域ほど、太陽光発電には有利であるのは言うまでもないことでしょう。

特に冬季ともなれば、豪雪地帯である北国では何ヶ月も積雪が続くことになって、太陽光発電には不利な条件となることは確かです。

もっとも、こうした北国の豪雪地帯である地域でも、冬場の雪の季節には全く太陽光発電ができないというわけではなく、降雪の合間の晴天の時には発電することができるわけなのですが、その発電量が非常に限られたものになることは否めません。

こうした豪雪地帯では、屋根に設置されている太陽光パネルの上に大量の雪が積もってしまうために、その重量でパネルが破損してしまうのを防ぐための積雪対策が不可欠となっています。

もっとも、積雪は南国である九州にもあるものですから、北国の豪雪地帯に限らず、雪の降るところには全てソーラーパネルを雪から守るための対策が必要、と言うことができるわけなのですが。

 

コメントは受け付けていません。