快晴日数の多い都道府県はどこ?

太陽光発電を利用するということは太陽が如何に当たるかが重要となってきます。日本国内でも当然地域によって雨が降りやすい、雪が降る、天気の日が多いと変わってくるでしょう。では快晴日数が多い都道府県はどこなのでしょうか。ただ、そうは言いますが実は世界中での環境の変化や雲の動きといった要素もあるために一概にどこが一番かというのはいえず毎年変わってきます。順位関係なしに上位に食い込む都道府県はというと埼玉、宮崎、千葉、静岡、長崎、茨城、佐賀、岐阜といった辺りです。こうして見てみれば分かる通りに1つの地域に固まってはいませんが傾向としては九州や関東、東海の方に集中しているという結果になっています。もちろんこの県内でも地域によって変わってくることではありますが、それでもこれらの県に住んでいる方達は太陽光発電の恩恵を受けるのには適しているといえるでしょう。ちなみに国内では年間で気温が高いといわれている沖縄ですが、こちらは逆にワースト近くなっています。気温が高いということで太陽の光が結構当たっていそうなイメージではあるのですが、沖縄はその配置の関係上、台風の被害に最も逢いやすいところでもあります。なので快晴日数という潜りではむしろワーストになってしまうということです。

コメントは受け付けていません。