北海道では太陽光発電できない?

日本国内において太陽光発電の普及が少しずつではありますが、確実に伸びています。その背景には国や地方自治体による大きな援助があることがあげられます。また年々あがる電気代も背景にあることでしょう。ところで、北海道では太陽光発電できないと思っている人が少なくないようです。その理由は冬の積雪の問題です。夏は良くても、冬に発電ができなければ割にあわないというイメージがあるようです。しかし、果たしてこれは本当でしょうか。結論から言うと、これは間違いです。確かに雪の問題は抱えていますが、太陽光発電ができないことはありません。

太陽光発電にとって一番の大敵となるのは温度です。温度は高いのと低いのとではどちらが問題かというと、高いほうが問題になります。太陽光モジュールの最適な温度というのは25度くらいといわれていますが、夏の炎天下では70度近くにまではねあがります。そうなるとせっかく発電しても放電してしまうのです。しかし、北海道なら逆に涼しいので温度の条件は良いのです。また、梅雨がないことから、年間晴れの日も多いのも有利です。冬場対策に関しては、角度をつけて太陽光発電モジュールを設置することで雪がパネルの上に積もらない対策をとります。費用面では若干アップしますが、これらの理由から北海道でも十分太陽光発電は可能なのです。

コメントは受け付けていません。