‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

沖縄でも太陽光発電できるか

2014/06/11

最近エコロジーのためにも節約のためにも、非常時の時の備えとしても注目されているのが太陽光発電です。
沖縄で太陽光発電を設置するのは地域的にも向いているのでしょうか。
沖縄は日本全国と比較をしてみると南に位置しているために一日当たりの日の当たる時間が他の地域に比べて長くなります。
そのために非常にマッチしているといえるのです。
もちろん台風などもありますので台風によってパネルが飛ばないように気を付けなければいけないのですが、それ以外でしたらかなり日当たりの面ではメリットがあるのです。
発電をするのに必要なものは太陽光なのですが、日の当たる時間が長ければ長いほどに当然発電量も多くなるのです。
また沖縄の場合には冬でも雪が降ることがあまりありませんのでパネルの上に雪がつもることもありませんので発電の妨げになることもありません。
ですので沖縄で暮らす場合には設置するのも方法です。冬場でも十分に発電ができるためにかなり電気代の節約にもなります。
そしてさらに余った電力は電力会社に買い取ってもらえるのでちょっとした収入にもなるのです。
全行的な差はそれほど大きくはありませんが、特に沖縄は発電のしやすい場所になっています。

北海道では太陽光発電できない?

2014/06/11

日本国内において太陽光発電の普及が少しずつではありますが、確実に伸びています。その背景には国や地方自治体による大きな援助があることがあげられます。また年々あがる電気代も背景にあることでしょう。ところで、北海道では太陽光発電できないと思っている人が少なくないようです。その理由は冬の積雪の問題です。夏は良くても、冬に発電ができなければ割にあわないというイメージがあるようです。しかし、果たしてこれは本当でしょうか。結論から言うと、これは間違いです。確かに雪の問題は抱えていますが、太陽光発電ができないことはありません。

太陽光発電にとって一番の大敵となるのは温度です。温度は高いのと低いのとではどちらが問題かというと、高いほうが問題になります。太陽光モジュールの最適な温度というのは25度くらいといわれていますが、夏の炎天下では70度近くにまではねあがります。そうなるとせっかく発電しても放電してしまうのです。しかし、北海道なら逆に涼しいので温度の条件は良いのです。また、梅雨がないことから、年間晴れの日も多いのも有利です。冬場対策に関しては、角度をつけて太陽光発電モジュールを設置することで雪がパネルの上に積もらない対策をとります。費用面では若干アップしますが、これらの理由から北海道でも十分太陽光発電は可能なのです。

日本全国で住宅用太陽光発電が一番普及しているのはどこ?

2014/06/11

住宅用太陽光発電が1番は普及しているのは、佐賀県です。国からの補助金の申請を行った件数が、佐賀県内の全ての住宅に対する比率が、4%となっていまして日本の全国平均の2.5倍の高さを誇っています。佐賀県では太陽王国にしようと、メガソーラー計画を建てようとする計画が進んでいまして、原子力や風力の大きな規模の発電所があることを受けて、日本の将来が見えます。九州の各県には太陽発電に合った場所が数多くありまして、経済産業省の調査によりますと住宅での太陽光システムの普及率では、上位4位が九州勢が独占しています。1位が佐賀県になっておりまして、2位が熊本県、3位が宮崎県、4位が大分県の順番になっております。

太陽光発電は自然災害にどのようなに耐えれるのが説明します。まず、台風ですが風の力によって、太陽光パネルが飛んでしまわないか、不安になりますが、日本国内に限って言うならば風速60mの暴風雨に耐えられるように、計算されて設計を行っています。強力な台風であったとしても、風速で50mを超えていくものはまずありえません。台風の被害で、太陽光パネルが破損する心配はありません。海に近い所では塩害の被害が心配されていますが、基本的にはどのメーカーでも対策を取られていますので、設置は可能となっています。

年間発電量が多い県は?

2014/06/11

日本全国の都道府県では、当然にその年間日照量には大きな違いがあるわけです。

南国にある地域では、当然に年間日照量が大きくなっていますし、逆に北国の豪雪地帯では、年間日照量は少なくなっているからです。

太陽光発電を行う場合には、この年間日照量の多寡がその発電量を大きく左右する要因となってくるので、年間を通じて日照量の多い九州や四国といった南国の地域ほど、太陽光発電には有利であるのは言うまでもないことでしょう。

特に冬季ともなれば、豪雪地帯である北国では何ヶ月も積雪が続くことになって、太陽光発電には不利な条件となることは確かです。

もっとも、こうした北国の豪雪地帯である地域でも、冬場の雪の季節には全く太陽光発電ができないというわけではなく、降雪の合間の晴天の時には発電することができるわけなのですが、その発電量が非常に限られたものになることは否めません。

こうした豪雪地帯では、屋根に設置されている太陽光パネルの上に大量の雪が積もってしまうために、その重量でパネルが破損してしまうのを防ぐための積雪対策が不可欠となっています。

もっとも、積雪は南国である九州にもあるものですから、北国の豪雪地帯に限らず、雪の降るところには全てソーラーパネルを雪から守るための対策が必要、と言うことができるわけなのですが。

 

快晴日数の多い都道府県はどこ?

2014/06/11

太陽光発電を利用するということは太陽が如何に当たるかが重要となってきます。日本国内でも当然地域によって雨が降りやすい、雪が降る、天気の日が多いと変わってくるでしょう。では快晴日数が多い都道府県はどこなのでしょうか。ただ、そうは言いますが実は世界中での環境の変化や雲の動きといった要素もあるために一概にどこが一番かというのはいえず毎年変わってきます。順位関係なしに上位に食い込む都道府県はというと埼玉、宮崎、千葉、静岡、長崎、茨城、佐賀、岐阜といった辺りです。こうして見てみれば分かる通りに1つの地域に固まってはいませんが傾向としては九州や関東、東海の方に集中しているという結果になっています。もちろんこの県内でも地域によって変わってくることではありますが、それでもこれらの県に住んでいる方達は太陽光発電の恩恵を受けるのには適しているといえるでしょう。ちなみに国内では年間で気温が高いといわれている沖縄ですが、こちらは逆にワースト近くなっています。気温が高いということで太陽の光が結構当たっていそうなイメージではあるのですが、沖縄はその配置の関係上、台風の被害に最も逢いやすいところでもあります。なので快晴日数という潜りではむしろワーストになってしまうということです。

年間日照時間の多い都道府県はどこ?

2014/06/11

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換することで発電する仕組みになっていますので、太陽の光は必須条件となります。

また、一日の日照が期待出来る時間と言うものにより、一日の発電量が変わることになります。
この1日の日照が期待できる時間と言うのは、その地域により様々であり、長い時間太陽の光が照射される地域ほど、年間発電量は多くなりますので、太陽光発電に向いている地域ともいえるのです。

因みに、いくつかの県を例にして見てみることにしましょう。
一日の日照を促された時間や、年間の総発電量はインターネットの中にデータとして保管されており、地域毎にまとめられているウェブサイトがあります。

そのウェブサイトによると、日本の中で最も発電量が多い地域と言うのは長野県の3666kwhになっています。
また、日本の中で最も年間の日照可能な時間が長いのは山梨県の2183時間になっています。

しかし、山梨県の年間の総発電量は3613 kwhになっているのですが、発電量としては、日本の中では2番目に大きい地域になるのです。

一方、高知県の日照可能時間は2154.2時間になっており、全国の中では2番目になります。
しかし、この県の発電量の合計を見ると、全国の中では7番目となっており、山梨県よりも少ない発電量になっている事からも、必ずしも日照が多いほど発電量が多いと言う事ではないのです。

太平洋側での太陽光発電について

2014/06/11

太陽光発電が地球にやさしいことはみなさんご存じだと思います。太陽光発電のよい所はそれだけではありません。太陽光発電はお財布にも優しい発電方法です。家にソーラーパネルを取り付ければ、電気代をかなり節約できます。発電量よりも使用量が少なければ、その時の電気代は無料だからです。電気を溜めておくことは出来ませんが、余った電力は電力会社に売ることができ、無駄がありません。つまり、電力を売った分で夜の電気代をまかなうこともできるのです。太陽光発電は、日当たりのよい場所ほど発電量が増え、お得になります。家の南側にソーラーパネルを取り付けるとより効率的です。また、場所によっても変わってきます。天候に左右されるからです。基本的には雪の多い日本海側より太平洋側のほうがより多くの電力を生み出すことが出来ます。年間快晴日数が最も多いのは埼玉県で、次が宮崎県、さらに静岡県、高知県、山梨県などが続きます。つまり、埼玉県は最も太陽光発電に向いていると言えます。また、埼玉県はベッドタウンであるため昼間の人口が少ないため、昼間の電気使用量が少ないことも利点です。使用量が少なければ、それだけ多くの電力を売ることができ、より家計に貢献します。

日本海側での太陽光発電は不利?

2014/06/11

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変換し、電気を生み出す仕組みになっています。
そのため、太陽の光が多くあたるほど、発電量は多くなるのです。

また、太陽光発電の要とも言われるソーラーパネルは温度変化における発電量の低下が有りますので、夏場などは太陽の光がさんさんと輝いていても、それほど多い発電量にはなりません。
これは意外な話ではありますが、夏場よりも春や秋などの季節の方が発電量が多くなると言われているのです。

一般的に太陽光発電で発電が可能になる時間帯は日の出から日没までの時間帯になります。
日の出と伴に発電が開始され、日没までの時間が発電可能時間であり、この時間を年間にしたものを年間日照時間と言います。

一見すると、この時間が最も長い地域でもある太平洋側が、最も発電量が多くなるようにも考えられます。

この時間は、統計の中で以下のようになります。
山梨県は2183時間、高知県は2154.2時間、宮崎県は2116.1時間と言う数値が出ています。
この数値から、山梨県が最も発電量が多いようにもイメージできますが、実際の年間の発電量の1位は山梨県ではなく、長野県になります。

長野県が最も発電量が多いとされるのですが、長野県は年間の太陽の照射時間は国内の中では10位以内に入っていないのです。
この事からも、発電量と太陽の照射時間以外にも、気温や気候などが影響をしていると言えますので、日本海側だからと言って不利とは言えないのです。

太陽光発電に必要なのは快晴日数か日照時間か

2014/06/11

太陽光発電は、太陽光エネルギーを利用して発電します。したがって、快晴日数が多く、日が良く当たる時間が長いと発電を安定して行うことが出来ます。そして、晴れた日が多いことよりも、日が当たる時間が長い方が、安定して発電が可能です。一日の内で朝から晩まで、日光が当たり続ければ太陽光パネルは、発電し続けることが出来ます。

発電し続ける時間が長ければ長いほど、電気エネルギーは蓄積されることになります。快晴というのは、日光が効率良く太陽光パネルにあたり、発電効率が良くなります。しかし、曇りであっても、太陽光パネルは、発電しますので、一概に、快晴の日が多い地域の方がよく発電できるとは、必ずしも言えないと思われます。なお、曇りよりも快晴の日には、効率よく光エネルギーを電気エネルギーに変換することが可能です。

したがって、日が当たる時間が長く、よく晴れる地域での発電が望ましいと言えます。そして、太陽光パネルを取り付ける際には、一般的には、南向きに設置することで、太陽光エネルギーを強く受けることが可能です。そして、日が当たる時間も長くすることが出来ます。そして、太陽光パネルに埃などが付かない場所のほうが効率よく電気エネルギーを得ることが可能です。