日照時間が長いと太陽光発電に有利

–¼Ì–¢Ý’è-2太陽光発電システムの総合的な発電効率は、パネル面積や設置角度・地域の気候などによって大きく変動します。
太陽光発電システム全般の共通点として、夜間はほとんど発電を期待できないので、基本的に昼間の運用がメインとなってきます。
当然ですが、パネルへ直接日光の当たる時間が長いほど多くの太陽エネルギーを電力に変換する事が可能となります。
よって、天候が崩れにくく快晴の多い地域に設置すると、変換効率の面で非常に有利です。
逆に悪天候が続きやすい地域では、発電効率面でやや不利となってしまいます。
ただし、太陽光発電システムは天候が曇りや雨・雪などであっても雲の上に太陽が存在している時間帯であれば、ある程度の発電量を維持できます。
結果的に豪雪地帯であっても設置するメリットは十分あり、積雪に対策が施された太陽光パネルを用いれば実用の範囲内と言えます。
パネル表面は変換の際に熱を発している事から、雪がパネルの上に積もる状況は少ないですが、積雪量によっては屋根に負担を掛ける原因となるので対策が必要となってきます。
また、季節によって昼と夜の長さは変わってくる為、日の当たる時間が短い冬場よりも夏場の方が多く発電できる事になります。